サービスを利用する

水回りを綺麗にするサービスを頼む

水回りは綺麗に使っていても築年数が経つ事で劣化してきます。少しのヒビや隙間を見つけたら早めにコーティングするのがいいでしょう。そのままにしておくと、外側からは見えない内側でゴミやホコリ、水が溜まって悪臭の原因になります。 そして、水が溜まることでサビになる事もあります。こうなると大きな工事が必要になってしまう場合もあるので、気づいた時にすぐに水回りコーティングの工事を頼むなど、なるべく放っておいたままにしないようにするのが悪化させないポイントです。 少しのヒビや隙間、悪臭が少し気になっただけで頼むのはもったい無く感じますが、早く専門業者に点検と修理をしてもらって悪化させないようにする方が安上がりになります。

コーティングを自分でやらない理由

水回りのコーティングは自分でも出来ます。ホームセンターなどでパッキンが売っていますし、シーリングやコーキングも沢山の種類が販売されています。 蛇口のパッキン交換くらいなら簡単に取り替えられますが、水回りの隙間のコーティングはプロにやってもらう方が確実に綺麗になります。素人がコーティングをすると綺麗な平らでは無かったり、はみ出て汚い状態になる可能性が高いです。隙間剤は乾く前はよく見えないので、乾いて直しづらくなった後に気づく事になります。 乾いた状態から直すのは二度手間ですし、とても大変です。それなら初めから専門業者に任せてしまいましょう。また、気になる部分だけではなく、水回り全体も一緒に点検を頼むと効率が良いです。